出力枚数を節約する方法 Power Pointの場合

通常印刷しようとすると左図のように,印刷対象が「スライド」になっており印刷用紙1枚に原稿が1ページ分印刷されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印刷対象を「配布資料」にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ページあたりのスライド数(R)」を、2〜3もしくは4にすると出力枚数が1/2から1/4に節約できます。

 

原稿の文字の大きさ、図や写真の大きさにもよりますが、1ページあたりのスライド数を少なくとも2に指定すれば用紙数は半分ですみます。

 

 

2007.05.28

学術情報基盤センター

 

20070528

学術情報基盤センター